【生産性UP!】意外と知らない?Windowsのショートカット5選を紹介!
スポンサーリンク
この記事では、意外と知られていないけど、知っていると便利なWindowsのショートカット5選を紹介します!
マウスを使わないことで生産性UPに繋がっていくので、覚えておいて損はないです。

デスクトップを表示する⇒「Win+D」

デスクトップにあるファイルをクリックしたいのに、色々なアプリを立ち上げているから全部最小化していかなきゃ・・・!

皆さんはこんな経験ありませんか?

私もだいぶ前はこんなことしていました。かなりの時間の無駄でしたね(泣)

そんなときに1発でデスクトップを表示してくれるのが、このショートカットキー!

ついでに!このボタンを押しても1発でデスクトップ表示してくれるよ。

タスクバーからアプリを起動する⇒「Win+数字」

そもそもタスクバーってわかるかな。

タスクバーはここ(以下、赤枠)の事だよ。

このタスクバーのアプリを左から1、2、3、4・・・と番号を振ったときに、

「Win+開きたいアプリの番号」をすると、そのアプリが開いてくれるんだ。

(例)Internet Explorerを開きたかったら、「Win+4」を押す。

そうすると、Internet Explorerが開かれるよ。

アプリやウィンドウを切り替える⇒「Alt+Tab」

複数のアプリやウィンドウを開いていて、何を開いていたか忘れた・・・
開きたいウィンドウどれだっけ・・・

なんて経験ありませんか?

そんな場面に活躍するのがこのショートカットキー!

このショートカットキーを押すと、いま開いているアプリやウィンドウを、画面上にグラフィカルに表示してくれます。
そこから自分が開きたいアプリを選択すれば1発で表示してくれます。

1回「Alt+Tab」を押せば、上記イメージになります。
Altを押したまま、自分が開きたいアプリにカーソルがあたるまで、Tab(または十字矢印)をクリックすればいいよ。

例えば、いま開いているのがExcelで、Gogleを開きたいときは、Tabを4回クリックするか、十字矢印でGoogleの画面まで移動すればOK!

ブラウザ等でタブを移動する⇒「CTRL+TAB(+Shift)」

ブラウザで複数タブを開いているときに、別のタブに行きたいときありますよね。
そういうときに使えるのがこのショートカットキー!

たとえば、Gogle chromeで複数のタブを開いている(以下イメージ)ときに、
「CTRL+TAB」をすれば、右のタブに移動。
「CTRL+TAB+Shift」をすれば、左のタブに移動することができるよ。

Excelで複数ブック開いているときのブック移動にも使えるよ。

ファイルやフォルダを完全に削除する⇒「Shift+Delete」

ファイルやフォルダを削除すると、一回ごみ箱に行ってしまうよね。

「復元できる」っていうメリットはあるけど、いつ復元するかもわからないファイル等をゴミ箱に溜め続けると、知らず知らずのうちにディスクの容量を
圧迫している、なんてこともあるよね・・・

このファイルやフォルダは今後絶対使わないから、完全に削除したい、
ってときに使えるのがこのショートカットキー!

このショートカットキーを使用すると、ファイルが復元できなくなるよ。
削除前に警告のポップアップが出るから、必ず削除してよいものかどうかを
確認してから削除するようにしよう。

その他多数のショートカットキー

Windowには本当に多くのショートカットキーが存在します!


私自身、業務でパソコンを使うようになってから、
ショートカットキーを沢山覚えました。

ショートカットキーを覚えたことで業務の効率化、生産性は2倍、3倍にもなりました!

仕事が速い人は、何も、「頭が良いから」とか「仕事の進め方の要領がいいから」
という理由だけではないんです。※もちろんそれも必要ですよ(小声)

ですが、仕事が速い人は、もれなくショートカットキーを有効的に使っています!

ショートカットキーを覚えることで、皆さんも仕事が速い人」の第一歩を踏み出しましょう!!

▼ショートカットキーを覚えるにあたり、参考にできる書籍

書籍でなくても、ネットでも調べればショートカットキー一覧が出てきます
ただ初めのうちは、「どういうキーワードで調べればいいのかわからない」という悩みもあるかもしれません!

その点、書籍は目次がありますし、パラパラと眺めていけば、「自分の悩み解決+その他のショートカットキーの習得」と、一石二鳥なのでオススメです!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事