アイキャッチ(RPA)
スポンサーリンク

すずき
この記事を読むと、RPAの概要や特徴、AI(人工知能)との違い、RPAを導入したときの効果などがわかります。これから業務にRPAを導入しようと考えている方や、RPAエンジニアになりたいと考えている方は読んでいただきたいです。

RPAとは?

RPAとは「Robotic Process Automation」の略で、PC上における、諸操作(※)を伴うコピペ、照合・入力などの作業を、ロボットにて自動化させる仕組みです。
(PC上でのソフトウェア)

※RPAが適応可能な操作・機能の具体例は以下を参照。

・キーボードやマウスなど、パソコン画面操作の自動化
・ディスプレイ画面の文字、図形、色の判別
・別システムのアプリケーション間のデータの受け渡し
・社内システムと業務アプリケーションのデータ連携
・業種、職種などに合わせた柔軟なカスタマイズ
・IDやパスワードなどの自動入力
・アプリケーションの起動や終了
・スケジュールの設定と自動実行
・蓄積されたデータの整理や分析
・プログラミングによらない業務手順の設定

出典:総務省『RPA(働き方改革:業務自動化による生産性向上)

これまでも、工場などのモノづくりの工程では人間がやっている作業を機械に置き換えることで、
人手不足への対応や生産性の向上を実現してきました。

そうした工場における、「人間での実施→機械での実施」の流れを、PCを使用するオフィスの現場に適応し、事務作業を機械で自動化することで働き方改革を促進しよう、ということです。

RPAが対象となる業務

例えば、自分の会社でこんなことはないでしょうか?
・事務仕事が多すぎて、営業なのに客先にいけない。
・データの確認や比較などの単純作業に時間が取られて、本来の仕事ができない。
・紙に書いてある文章をExcel などに転記する作業が大量で、人手が足りない。

上記のように、定型・単純作業なのに、量が膨大なため多くの時間を要しているような作業に、RPAは非常に効果的です。

具体な対象業務の例)
・帳簿入力や伝票作成
・ダイレクトメールの発送業務
・経費チェック
・顧客データの管理
・社内システムへのデータ入力
・定期的な情報収集

導入前に知っておきたいRPAの特徴とは?

RPAを導入することを考えている方や、今後RPAエンジニアになりたいと考えている方は、RPAの特徴(良い点・良くない点)をしっかりと理解しておきましょう!

RPAの良い特徴/良くない特徴

良い特徴 ・複数のアプリケーションや画面をまたがった操作が可能
ツール※を使用すればノンプログラミングで利用可能(プログラミングスキル不要)
良くない特徴 ・既存の業務プロセスが変更しないことを前提としている
・記録された操作しかできない(例外処理に遭遇すると処理が止まる)

※UIPathやWinActorなどのRPAツール

補足:RPAの良い特徴について

・複数のアプリケーションや画面をまたがった操作が可能
これまで、PC上の自動化という意味だと、従来はVBAが取り上げられていました。
しかし、VBAではマイクロソフト社が提供のOfficeアプリ(Excel、Word、PowerPoint)内でしか自動化できません。
例えば、社内システム(インターネット)で、画面に表示されている一覧データや明細データなどをExcelに転記するような場合を例にとりましょう。
システムにCSV出力機能とかあれば話は早いですが、ない場合は、人間がシステム画面に表示されている一覧データや明細データをコピーして、いちいちExcelにペーストしないといけません。
この
例だとOfficeアプリではない社内システムが介在しているため、VBAでは自動化できないのに対して、RPAは可能です。

・ツールを使用すればノンプログラミングで利用可能(プログラミングスキル不要)
こちらもVBAと比較すると、VBAは場合によって(というかほとんど)、プログラミングスキルが必要になります。
それに対してRPAツールを使用すれば、記憶させたい操作を開始するまえに「スタート」ボタンを押して、そのあとに記録させたい業務を手動で実行していき、最後に「ストップ」ボタンを押す。
これだけで業務を記録し、あとはロボットが勝手に実行してくれるようになります。

補足:RPAの良くない特徴について

・既存の業務プロセスが変更しないことを前提としている
現在の業務プロセスと使用しているシステムを前提に操作を覚えさせるため、抜本的な業務プロセスの改善や作業手順の改善をしているわけではありません。
使用しているシステムの仕組みが変われば、RPAに記憶させる操作を都度覚えさせないといけません。
そのため、RPAで人間が行っていた作業をロボットに置き替えて生まれた時間を、業務プロセスの改善や作業手順の改善のための時間に充てるなどして、本当の意味での働き方改革を目指す必要があります。

・記録された操作しかできない(例外処理に遭遇すると処理が止まる)
例えば、「RPA導入したから24時間働いてもらえるぞ」と帰宅前に起動させ、次の日出社してみたら、だいぶ序盤で処理が止まっていた!なんてことになりかねません。
RPAを導入したからといって、全て人間の力を借りずに業務を遂行できるかというと、それは違います。
人間の判断が必要な場合は、ロボットから人間に「告知」するなど、対策が必要です。

RPAとAI(人工知能)の違いは?

RPAとAI(人工知能)の違い

ここまで見てきたように、RPAは人間が何かしらの操作を記録させて、それ通りに実施するもの。
いわばPC上の”ソフトウェア”です。

それに対してAI(人工知能)は技術(テクノロジー)”を指します。
AI(人工知能)に関する詳細な説明は以下の記事を参照してみてください。

AI(人工知能)の登場によるRPAの進化の可能性

RPAには三段階の自動化レベルがあります。(下表参照)


現在のRPAの多くは「クラス1」というレベルで定型業務に対応していますが、次期レベルの「クラス2」では、
AIと連携して一部の非定型業務は自動化されることになります。

また「クラス3」では、より高度なAIと連携することで、業務プロセスの分析や改善だけでなく意思決定までを自動化できます。


このように、RPAとAI(人工知能)を組み合わせることで、今後、RPAがより自律的に業務をするようになる。
といった進化の可能性が大いにあります。

クラス 主な業務範囲 具体的な作業範囲(○)や利用技術(☆)
クラス1:RPA(Robotic Process Automation)
★現在地
定型業務の
自動化
○情報取得や入力作業、検証作業などの定型的な作業
クラス2:EPA(Enhanced Process Automation) 一部非定型業務の
自動化
○RPAとAIの技術を用いることにより非定型作業の自動化
☆自然言語解析、画像解析、音声解析、マシーンラーニングの技術の搭載
クラス3:CA(Cognitive Automation) 高度な自律化 ○プロセスの分析や改善、意思決定までを自ら自動化するとともに、意思決定
☆ディープラーニングや自然言語処理

出典:総務省『RPA(働き方改革:業務自動化による生産性向上)

表で分かる!RPAの導入効果とは?

RPAを導入した際の効果について表にまとめました。

期待できる効果 具体内容
人件費の削除 ・長時間労働の改善
・人件費などのコスト削減
生産性の向上 ・24時間365日の業務が可能
・処理スピードが人間の数百倍
業務品質の向上 ・人為的ミス(ヒューマンエラー)の撲滅
・不正/セキュリティ事故のリスク撲滅
属人化の解消 ・特定の人しか知らない業務(属人化)の解消
・人事異動に伴う業務の引継ぎが不要
・ノウハウの見える化
人間しかできない業務へのシフト ・戦略検討・マーケティングなど高度な業務をする時間が確保できる。

最後に

すずき
ここまで、以下のことを見てきました。
・RPAとは何か
・RPAの対象業務
・RPAの特徴
・AI(人工知能)との違い
・RPA導入の効果

トラノコ
最初は難しそうだなと思ったけど、ツールを使えばプログラミングしなくても業務で利用できることを知って安心したよ!

すずき
うん、そうだね。ただ、特徴でも述べたように、既存業務プロセスを抜本的に改善するものではないから注意が必要だよね。あくまで、現在の業務プロセスのなかで業務を効率化するためのソフトウェアであることを改めて認識しておこう!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事