【M-1グランプリ2021】3回戦(東京)で個人的オススメのコンビ5選
スポンサーリンク

今年もM-1の季節が来ましたね!熱いです!

去年の最高視聴率は関西地区19.8%(関西地区29.6%)で、これまでの最高視聴率は2008年第8回大会の関東地区23・7%(関西地区35・0%)だそうで、まさにM-1グランプリは国民的な漫才コンテストになりました。

そんなM-1は全ての3回戦が終わり、準々決勝進出のコンビが出揃いました。(11/5現在)

親切に公式さんが3回戦全ネタをあげてくれていますね、ありがたい!!

他の記事で、大阪・京都の3回戦で個人的にオススメだったコンビ5選をまとめていますので、本記事では東京の3回戦でオススメだったコンビ5選をまとめていきます!

決勝も近づいている今だからこそ、まだテレビではそこまで有名じゃないけど、これから来そうな注目コンビ5組を「さきどり」しておきましょう!もし決勝進出コンビが出たら「前から知ってたぜ」と古参ぶっちゃいましょう😋

大阪・京都3回戦のオススメコンビ5選をまとめた記事はこちら

 

ちなみに過去最高視聴率を叩き出した2008年第8回大会(NONSTYLEが優勝)も含めて、M-1グランプリはAmazon Prime Videoで見放題!!

AmazonPrimeVideoは”ここ”がすごい
たったの月額500円(税込)
30日間の無料トライアルがある
Amazon利用者には特典がたくさんある
映画・ドラマ・バラエティ番組を豊富に配信している
いつでも解約OK
Amazon Prime Videoには初回30日間の無料トライアルがあるので無料で見ることができてオススメです!!!

【M-1グランプリ2021】東京3回戦通過コンビ

まずは3回戦を通過して準々決勝に進出したコンビを見てみましょう。

東京81組とはさすがに多いですね〜!

決勝複数経験組の見取り図・ニューヨーク・ミキ・オズワルド・インディアンス辺りは順当って感じがしますね。

あとは何といってもハライチですよね。4大会ぶりのエントリーということですが、やはり面白い😆決勝に出て欲しいコンビの1つです!

ただ、今回は「まだテレビではそこまで有名じゃないけど、これから来そうな注目コンビ5組」という趣旨なので、有名どころは省いています。(お笑い好きにとっては、有名どころいると思いますが笑)

では、これから個人的にオススメのコンビ5選を見ていきましょう。(エントリー順)

  • ドンデコルテ
  • 怪奇!YESどんぐりRPG
  • ネイチャーバーガー
  • シシガシラ
  • 軟水
スポンサーリンク

ドンデコルテ

まずは「ドンデコルテ」です!

お二人とも芸歴は長いですが、コンビは2019年と最近組まれました。
昨年の「能代工業」のネタも面白かったですが、今年のネタもめちゃくちゃ面白かったです!
スタイルとしては、しゃべくり漫才で、表情豊かなボケの渡辺さんの熱血漢とツッコミ小橋のいい意味での「普通の人」が対照的で、それでいて渡辺さんの熱弁が筋が通っていて面白いです。
今年は準決勝以降進めるかに期待ですね!

怪奇!YESどんぐりRPG

次は「怪奇!YESどんぐりRPG」です!

昨年のおいでやすこがでユニット勢が騒がれましたが、ユニット勢の最初の火付け役は彼らだと思っています。

一昨年の「プレイヤーチェンジ」から昨年の「ムール貝酒蒸しにしてえ」はお世辞にも漫才とは言えないなか今年のネタ

漫才の形を成していて感動すら覚えました。(少なくとも漫才好きの一般人には漫才でした)

準々決勝でやるネタをYouTubeチャンネルに上げてましたが、本当にアレだったら落ちますw

しかし、敗者復活戦で見たいコンビの一つです!(仮に準決勝来ても何故かファイナリストにならない前提)

ネイチャーバーガー

続いては「ネイチャーバーガー」です。

個人的にはここ2年くらい前から動向が気になっていて、神保町よしもと漫才劇場という若手の劇場では、Sクラスというトップのクラスに所属している若手界ではとても優秀なコンビです。
スタイルはしゃべくり漫才なんですけど、従来のボケとツッコミという役割ではなく、ツッコミとボケツッコミというんでしょうかね?キレてツッコミしているんだけど、言い方とか言っていることとか含めてそれがボケになっているという形。
尻上がりにボケの言い分がぶっ壊れていく様が面白いので是非一度見て下さい☺️

シシガシラ

「シシガシラ」は2年前から激推ししているコンビです。

お二人とも芸歴は長いですが、お互い前のコンビを解散して2018年にシシガシラを組まれました。

スタイルは「ハゲネタ」一本のストロングスタイルですが、ただのハゲネタではなく、凝りに凝った今までに見た事のない角度からハゲ弄りをしていてとても新しいです!

最近、「五十音」のネタで少しずつテレビに出だしているので、ここら辺で人気爆発となって欲しいですね〜

ただM-1に限っては結成から準々決勝の壁を超えられていません。。今年こそは準決勝の場に来て欲しいです!

軟水

今年はこの「軟水」を知れたのが僕の中では収穫でした。
結成は2016年ですが、M-1出場歴を見ると、2018年〜2020年までは不参加のようですね。道理で分からなかった訳だ。。
題材は「パワプロ」っていうありそうなものですが、ネタの展開の仕方が新鮮で次何が来るのか楽しみになるようなネタでした!おばあちゃんの特殊能力に「送り迎え」は笑ってしまいました😆
ダークホースになり得る存在なのではないでしょうか!?

まとめ

いかがだったでしょうか!?

僕の記事で新しい漫才師を知るきっかけになってくれたら嬉しい限りです!

そして、過去のM-1に興味がある人は以下をポチッとして、見まくりましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事