大手SIer勤務の筆者がプログラマー時代の年収を大公開!
スポンサーリンク

すずき
本記事では、現在大手SIer勤務の僕がプログラマ-として働いていた入社1~2年目の年収を大公開しちゃいます!
実際にどんな業務内容をやっていた結果の年収なのか、だけではなく、厚生労働省の調査で分かったプログラマ-の平均年収との比較も行っていきたいと思います!

トラノコ
え!年収公開しちゃうの?大丈夫!?

すずき
うん、別に減るもんじゃないし。秘密にするより、公開することで本記事を見てくれるエンジニア志望の方の不安などを、少しでも解消できたら嬉しいかな。結論からいうと、1年目が約250万円、2年目が約420万円だね!

トラノコ
1年目から2年目の上り幅すごいね!”これからエンジニア志望するけど残業時間や業務内容に対する不安がある”なんて人もいるだろうから、実際の業務内容を見て、参考にして欲しいね!

すずき
うん。会社ごとに業務内容も違えば基本給も違うから、あくまでも一例ではあるけど、大きく乖離していないと思うし参考にできるところもあると思う。是非、参考にしてほしいね。

ご注意
これから紹介する私の個人に関する情報(年収や仕事内容)は、あくまでSIer企業に所属しているプログラマー(正社員)のものです。IT業界の中でも他分野であったり、エンジニアの他職種、また派遣社員など正社員ではない場合はこの限りではありません。ご注意ください!

プログラマーの平均年収は?【2019年度版】

参考:厚生労働省の『令和元年賃金構造基本統計調査

企業規模の種別が10人以上、10~99人以上、100~999人以上、1000人以上の4つありますが、
これから掲載するデータは企業規模が10人以上(つまり、調査対象全て)を対象とした結果です。

皆さんが現在勤務している、またはこれから目指す企業の規模におけるデータは、前述の参考から見ることができるので、興味があればぜひ見てみてください。

プログラマーの平均年収(全体)

年齢
(単位:歳)
勤続年数
(単位:年)
労働時間数
単位:時間)
超過実労働時間数(単位:時間) 月収
(単位:万円)
ボーナス額
(単位:万円)
年収
(単位:万円)
男性 34 8 161 14 31 65 442
女性 32 5 159 9 27 45 366
男女計 34 7 160 13 30 61 426

※数値は全て平均値です。

プログラマーの平均年収(男性・年齢別)

入社1~2年目の僕は、橙色で色付けしているレンジです。

年齢
(単位:歳)
勤続年数
(単位:年)
労働時間数
単位:時間)
超過実労働時間数
(単位:時間)
月収
(単位:万円)
ボーナス額
(単位:万円)
年収
(単位:万円)
~19歳 19 1 157 9 19 13 239
20~24歳 23 2 162 12 24 28 319
25~29歳 27 3 161 13 27 60 388
30~34歳 33 7 161 17 32 77 457
35~39歳 37 10 159 19 35 75 499
40~44歳 43 12 159 13 37 72 514
45~50歳 47 16 162 14 40 90 568
51~54歳 52 17 159 12 42 90 591
55~59歳 57 18 164 7 40 88 564
60~64歳 62 21 153 6 31 94 471
65~69歳 67 6 155 23 31 129 498

※数値は全て平均値です。

プログラマーの平均年収(女性・年齢別)

女性 年齢
(単位:歳)
勤続年数
(単位:年)
労働時間数
単位:時間)
超過実労働時間数
(単位:時間)
月収
(単位:万円)
ボーナス額
(単位:万円)
年収
(単位:万円)
~19歳 19 1 157 0 17 2 209
20~24歳 23 1 160 6 23 20 298
25~29歳 27 3 161 15 27 62 386
30~34歳 32 7 153 12 30 73 428
35~39歳 37 8 161 7 30 64 427
40~44歳 42 9 162 7 29 31 374
45~50歳 47 14 155 7 29 54 400
51~54歳 52 12 153 7 34 59 471
55~59歳 58 19 148 19 32 69 451
60~64歳 63 29 143 6 23 50 328
65~69歳 67 6 155 23 3 31 68

※数値は全て平均値です。

入社1年目の年収、仕事内容、平均残業時間こんな感じ!

入社1年目の年収

冒頭でも説明したとおり、入社1年目の年収は約250万円でした!

入社時は22~23歳でしたので、同年代男性の平均年収と比較すると、やや少ないですね。

対象 平均年収
男性/20~24歳 319万円
すずき 250万円

では、実際どのような仕事をして、この年収になったのか次項で見ていきましょう。

入社1年目の仕事内容

時期 参画プロジェクト 主な仕事内容
4~7月 新人研修 マナー研修、ITスキル研修、Java研修、アプリ開発研修
8~9月 メーター検針管理システム データベース言語(SQL)を利用したテーブルデータの補正・テストを担当。
10~12月 統合データ管理システム プログラミング言語(Java)を利用してシステム機能の製造・テストを担当。
1~3月 コスト監理システム サーバリプレイス対応とそれに伴うシステム機能の製造・テストを担当。

入社1年目の平均残業時間

なんと、1年目における月間平均残業時間は約5時間です。

全然残業していないですよね!

というのも、弊社には新人配属後しばらくは絶対残業させないというルールがありました。

加えて、あの大手総合広告代理店のD社さんにて残念な事件が起き、大々的に報道されたことも相まって、
残業に対する規制がかなり厳しくなっていました。

それまでは個人に割り振られたタスクが終わっていなかったら、個人の判断で残業していたようです。

でも、実は「そのタスクはその日必達ではなく、明日まで完了させれば良かったタスクだったのに。」と、後々言われるような感じだったそうです。(管理がガバガバすぎてあり得ませんね)

事件以来は、定時間近になったら上司に進捗状況を伝えて、上司の判断で残業の有無を決めてもらうようになりました。新人が残業してまでするような仕事が正直なかったので、いつも帰らされていました。

そういった背景もあり、1年目の月間の平均残業時間は約5時間と驚きの少なさでしたね。

入社2年目の年収、仕事内容、平均残業時間こんな感じ!

入社2年目の年収

冒頭でも説明したとおり、入社2年目の年収は約420万円でした!

23~24歳でしたので、同年代男性の平均年収と比較すると、100万円程度上回りましたね。

対象 平均年収
男性/20~24歳 319万円
すずき 420万円

では、実際どのような仕事をして、この年収になったのか次項で見ていきましょう。

入社2年目の仕事内容

時期 参画プロジェクト 主な仕事内容
4~6月 工事見積管理システム プログラミング言語(Java)を利用してシステム機能の製造・テストを担当。
7~12月 空家査定支援システム プログラミング言語(Java)を利用してシステム機能の製造・テストを担当。※要件定義や設計なども一部担当
1~3月 コスト監理システム システムの要件定義~設計、プログラミング言語(Java)を利用してシステム機能の製造・テストまで一通りの開発プロセスを担当。

入社2年目の平均残業時間

2年目における月間平均残業時間は約15時間です。

1年目と比べたら増えましたが、それでもまだ「IT企業はブラックだ」といった世間のイメージからは、程遠い数字ですよね。

しかもこの約15時間、大規模障害のリカバリ対応で月40~50時間残業していた月が2回くらいあったにも関わらずです。

システム開発会社ですと、リリースしたてのシステムにバグがあり、顧客業務を止めてしまうようなことが割と頻繁にあります。(これを”障害”といいます)

こういった障害が発生すると、いまやっている業務やプライベートな予定を投げ捨てて優先してリカバリ対応をしないといけません。それがIT業界の辛いところでもあります。(あるいは、これが世間のイメージの起源?)

そういう意味だと、僕の2年目は、担当システムが”非常に”安定稼働していたこと、所属していたプロジェクトが計画通りに進捗していたことが伺えますね。恵まれました。

 

3年目のシステムエンジニアとしての年収はこちらで公開!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事