IoTエンジニアに求められる知識・スキルは?未経験者は難しい?
スポンサーリンク
本記事は、IoTエンジニアに興味がある方向けに、求められる知識・スキルを説明しています。
また未経験者でもなれるのか?についても言及しています。

そもそもIoTとは?

IoTについては上記の記事で詳細に説明していますので、ご覧になってみてください。

ざっくり言うと、IoTは「Internet of Things」の略で、日本語で「モノのインターネット」です。

概念としては、現実世界の物事や出来事を、センサーによってデジタル・データ(数値化などの定量的なデータ)に置き換え、現実世界のデジタルコピーをインターネット上に送り出す仕組みと言えます。

IoTにより実現できることは何かなども記載していますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

IoTエンジニアに興味がある方は必見!仕事内容は?

インサート(IoT仕エンジニア事内容)

IoTエンジニアとは、その名のとおり、IoT製品の開発に携わるエンジニアです。
別の記事でAI(人工知能)関連の人材も不足していることを説明していますが、同様にIoTエンジニアも人材不足しています。

IoTにはAI(人工知能)を利用する場面があるため、当然といえば当然ですよね。

そんなIoTエンジニアの仕事内容は大きく分けて以下の4つがあります。

  1. IoT製品の開発
  2. ネットワークの構築
  3. データ分析
  4. セキュリティ対策

それぞれの仕事をするうえで必要になってくる知識やスキルはどのようなものがあるでしょうか。

その点については次の章で説明します。

IoTエンジニアに求められる知識・スキルとは?

IoTエンジニアになるには、どういった知識やスキルが必要になるのでしょうか。
大きく分けて5つの知識・スキルが必要になってくると思います。

制御・組み込み関連の知識・スキル

IoTにはセンサーを利用します。
そうしたセンサーをはじめ、IoTを実現するための機能はハードウェアに組み込む必要がありますので、制御・組み込み関連の知識・スキルは必要です。
具体には、組み込みシステムの開発にはC言語やJavaなどのプログラミング言語やOS(WindowsやiOS、Linuxなど)の知識が必要です。

ネットワークの知識・スキル

IoTとは、IoT機器に内蔵したセンサーが現実世界をデジタル・データとして置き換え、インターネット上にデータを送り込む仕組みであることは説明しましたね。

このことから、インターネットを利用することが前提であり、かつ、送り込まれた先である仮想世界は「クラウド・コンピューティング」という環境を前提としています。

それらをネットワークに繋げる知識・スキルが必要になります。

アプリ開発のスキル

例えば、スマート家電のように、家にいなくても遠隔地でエアコンのスイッチをつけたり消したりする際にリモコン代わりに使うのは何でしょう。
だいたいスマホだと思いますが、そのスマホがリモコン代わりになるように何かしらのアプリをインストールしているはずです。

そうしたIoT機器と連動するアプリを開発する機会も考えられます。

スマホに限らず、PC上で動くシステムも対象になりますね。

AI(人工知能)のスキル

IoTでは、ビッグデータの分析にAI(人工知能)の技術を利用します。

データ分析などの仕事もするため、AIエンジニア的なスキルも求められることがあるかもしれません。

そもそもAIエンジニアに関する記事は以下です。

セキュリティの知識

IoTはインターネットの利用を前提としていることは前述しました。

インターネットを利用するということは、情報漏洩や外部からの攻撃への対策を十分にする必要があります。
そのため、セキュリティの知識は求められる可能性は高いです。

IoTエンジニアは未経験では難しいの?

先の章で見てきた内容からすると、とても幅広い知識が求められ、いわゆる「フルスタックエンジニア(マルチエンジニア)」でなければいけないように見えてしまっています。

しかし、安心してください!

ベンチャー企業や零細企業など、よっぽどの少数精鋭でない限り、1人の人間にすべてのスキルを求めるのは酷すぎます(笑)
できるにこしたことはないですが!

正直、そんな人材は沢山いないから人材不足になっていますし、IPA(情報処理推進機構)がIT企業を対象とした「 IT企業のIoTやビッグデータ、AI等に携わる人材の育成、獲得・確保方法」のアンケートにて、
・既存人材を社内で育成
・新卒採用を社内で育成
という回答が比較的多かったです。(以下、アンケート結果)

IoT人材

出典:IT人材白書2017

やや出典は古いですが、IT人材白書2019の「AI人材の育成、獲得・確保方法」の関するアンケート結果を見ても、傾向は大きく変動はありませんでした。

このことから、「未経験だから無理だ・・・」となるのではなく、まずはIT企業に就職し、様々な業務を経験して次のキャリアとしてIoTエンジニアを目指すというプランが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事