【初心者向け】プログラミング言語の独学で挫折してしまう3つの原因!
スポンサーリンク
想定読者
・これからプログラミング言語を学習するという方
・プログラミング言語を勉強始めたけど挫折しそうという方

本記事にてプログラミング言語の独学に挫折する理由と対策を知ることができます。

是非、独学でのプログラミング言語学習の推進に役立ててください!

挫折率は驚異の約90%

プログラミング言語における独学での挫折率は約90%と言われています。

なぜこんなに独学での挫折率が高いのでしょうか。

ここで少し余談ですが、僕はプログラミング言語を3つほど習得しています。(Java、JavaScript 、PHP)
※Ruby勉強中です!

一番最初に学習したのはJavaで、入社してから研修で習い、業務のなかで実践することで身に付けたものです。

その次にJavaScript、次いでPHPでした。これらは業務(または副業)で必要になり、業務しつつ独学で習得しましたね。

そんな僕の実体験から、「そりゃ、挫折するよな。。。」と思う原因を大きく3つ挙げました。

  1. 初心者向けのプログラミング言語を選択していない
  2. プログラミング言語を学習するための開発環境構築が面倒くさい
  3. 疑問点を質問できる環境にない

これから、それぞれの原因について詳しく説明し、対策もお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

初心者向けのプログラミング言語を選択していない

まず原因の1つ目として、「初心者向けのプログラミング言語を選択していない」です。

様々なプログラミング言語がありますが、プログラミング言語を選択する際の大きな基準は「学習する目的に適しているか」だと思っています。

例えば、学習する目的は「Webアプリの作成」や「スマホアプリの作成」などです。

目的に適して言語選択すればモチベーションは続きやすいですが、とはいえ、言語によって学習難易度の差はあります。

いくらモチベーションが高くても、学習難易度が高すぎると徐々に削られるものです。。

ですので、対策としては、プログラミング初心者には比較的難易度が低いプログラミング言語を選択することをオススメします。
※1つ言語を習得すれば2つ目、3つ目の習得スピードは各段に上がります。

以下の記事では初心者に向けて、各プログラミング言語の特徴や難易度などを説明していますので参考にしてみてください。

プログラミング言語を学習するための開発環境構築ができない

2つ目の原因として、「プログラミング言語を学習するための開発環境構築ができない」です。

プログラミング言語の独学を挫折した人のなかで、この開発環境構築に躓き挫折した人はかなり多いようです。

プログラミング言語を学習したいのに、その準備段階で躓いてしまうのは本当にもったいないですよね!

その対策としては、以下の2つのいずれかだと思っています。

  1. 開発環境の構築が不要な状況下でプログラミング言語を学習する
  2. 開発環境の構築手順が確立されているコンテンツを参考にする

開発環境の構築が不要な状況下でプログラミング言語を学習する

僕の場合、新入社員研修でJavaの学習をスタートしたのですが、開発環境が構築された状態からスタートすることができました。
そのため余計な頭を使うことなく(開発環境構築をすることなく)、Javaの学習に専念できました。

ここで、「それは企業に入社したからできたことでしょ。。」と思う方もいるかもしれません。

そんなことはありません!いまはオンラインのサービスが充実しているので、独学の方でも充分に可能です!

2020/6月現在、僕がRubyの勉強をしていて、「開発環境構築がなくて初心者にオススメだなあ」と思ったWebサイトを2つ紹介します。

Progate paizaラーニング
学習可能言語
*1
・JavaScript
・Ruby
・PHP
・Java
・Python
・JavaScript
・C
・C++
・Ruby
・PHP
・Java
・Python
メリット ・単元ごとにスライドでの説明→演習という流れで学習しやすい。
・演習に正解するとアカウントLvがアップするなど、ゲーム感覚で実施可能。
・完全無料で学習できるプログラミング言語がある。(C、Python)
・動画(約3分ずつ)による学習→演習という流れで学習しやすい。
デメリット ・無料会員で学習できる範囲が限られている。 ・学習したい言語が完全無料で学習できない可能性がある。

こうして見ると、Pythonを勉強する場合は「paizaラーニング」一択な気がしますね!

開発環境の構築手順が確立されているコンテンツを参考にする

ここでいう「開発環境の構築手順が確立されているコンテンツ」とは、手順通りにやれば誰でも開発環境が構築できるようなWebサイトや本などを指しています。

やはりオススメはWebサイトだと思います。私の知る限りではドットインストールがこれに該当します。

ドットインストールも、先に挙げた2つのWebサイト同様、初心者向けのプログラミング学習サービスです。

ただし、こちらは自分で開発環境を構築しないといけません。

ですが、開発環境構築の手順について動画で解説されており、それを模倣すれば誰でも開発環境の構築が可能です。

学習可能言語も多岐にわたっていて、Rubyについては完全無料で学習可能です。僕もRubyはこれで勉強しました。

開発環境の構築も知っておきたいという方は、ドットインストールを使用するのが良いかもしれません。

疑問点を質問できる環境にない

プログラミング言語の勉強をするうえで、文法エラーは付き物です。

本来、エラーが出たらGoogleなどでで調べて、自ら解決できる力がないとプログラマーとしてはやっていけません。

ですが、初心者のうちは右も左も分からないのでエラー対処などできなくて当然です。またエラーだけでなく、学習を進めていくなかで不明点などは沢山出てくるでしょう。

そのときに必要なのが「質問できる環境」です。これがないと学習が進まず、挫折してしまいます。

僕自身、Javaの研修で周りの同期や講師に幾度となく助けられました。配属されてからも先輩や協力会社の方がいなかったら、プログラマとして働けていなかったと思います。

それくらいプログラミング言語の学習において「質問できる環境」というのは重要になります。

独学時にどうすればその環境が手に入れられるの?ということになりますよね。月並みですが、僕は以下の2つが真理かなと思っています。

  1. プログラミングスクールに通う
  2. プログラマーの友人と一緒に学習する

プログラミングスクールに通う

独学で挫折しない対策としてプログラミングスクールを勧めるというのは少々可笑しな話ではありますが(笑)

それでも、やはりプログラミングスクールに通うというのは大きな解決策の1つです。

プログラミングスクールには1対1で質問可能な制度だったり、オンラインでも質問できる制度があります。いつでも気兼ねなく質問できるというのは、とても大きなメリットです。

それだけでなく、学習カリキュラムが確立しているので独学ではやりがちな”無駄な学習”をしなくて済みます。結果モチベーションも続きやすいですね。

ただ、デメリットとしては、「お金がかかること」。ここばかりは致し方ないです。

お金を払ってでもプログラミング言語を学習したいという強い意思がある方は通ってみると良いかもしれません。

プログラマーの友人と一緒に学習する

プログラミングスクールに通うほどの時間と金銭的余裕がないという方には、こちらの対策がオススメです。

もとからの友人ということで関係性が築かれている分、質問しやすいですよね。

友人には学習に付き合うメリットがないから断られるかも、と不安になる必要はありません。なぜなら回答する側にも大きなメリットがあるからです。

自分が知っていることならほかの人に説明することで知識の整理ができますし、分からないことなら調べて知識が身につきますよね。

それでも尚、面倒くさいとか言われたら、スタバ1杯奢ってあげるとかやってみてください(笑)

ただ、これはプログラマーの友人がいる方限定ですよね。プログラマーの友人がいない方はどうすればいいのか?

あまりオススメしていない方法ですが、プログラミングコミュニティを活用してみることです。

プログラミングコミュニティには様々なレベルの方がいますし、中にはクセが強い方もいるかもしれません。

あまり外交的でないという方にはあまりオススメしていないですが、コミュ力高い人は選択肢の1つにしてみてください。

最後に

最後にまとめます!

プログラミング言語を独学するときに、挫折する原因として大きく3つありました。

①初心者向けのプログラミング言語を選択していない
②プログラミング言語を学習するための開発環境構築ができない
③疑問点を質問できる環境にない
それぞれに対する対策は、以下のとおりです。

①自分の目的に適したプログラミング言語を選ぶべきだけど学習難易度も加味しながら選択すること
②オンラインのプログラミング学習サービスを使うこと
③スクールに通うか、プログラマーの友人と一緒に学習すること

とらのこ
皆さん、本記事を読んで独学でのプログラミング言語学習の推進に役立ててください!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事