【mixhost】Google AdSenseでads.txt ファイルの警告が出たときの対処法
スポンサーリンク

久しぶりにGoogle AdSenseを見に行ったら、仰々しく「要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」というメッセージが出て、なんじゃこれ?ってなりました。

調べてなんとか対処したので、その対処法を書き記したいと思います!

こんな方にオススメ
・Google AdSenseで「要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」が出たときの対処法を知りたい方
・サーバはmixhostを使っている方
対応としては、5分くらいで完了する簡単なものでした!

Google AdSenseでのads.txt ファイルの警告とは

GoogleAdSenseのホーム画面を表示したときに、画面の上部に以下のような警告が出てきている方は対象となります。
ads-text1
これから対応手順について順を追って解説していきます!
スポンサーリンク

Google AdSenseでads.txtファイル警告が出た時の対応手順

大きく手順は以下の4ステップです。
  1. ads.txtをダウンロードする
  2. cPanelにログインする
  3. ファイルマネージャーを開く
  4. ルートディレクトリ配下にads.txtをアップロードする
一つずつ見ていきましょう。

ads.txtをダウンロードする

警告メッセージの「今すぐ修正」をクリックすると、以下のような画面に遷移すると思います。

ads-text2

「ダウンロード」ボタンをクリックすると、自分のPCにads.txtがダウンロードされます。

特に独自に設定していなければ、ダウンロード場所は、Finder>ダウンロードにあると思います。(Macなら)

※詳しい手順は「ads.txtガイド」に以下のように書いてありますが、基本的にこれから説明する手順を実施していただければOKです。

1.AdSense アカウントにログインします。
2.ホームページにアラートが表示されている場合は、[今すぐ修正] をクリックします。それ以外の場合は、[サイト] をクリックします。
3.下矢印 下矢印 をクリックして [... のサイトで使用する ads.txt ファイルを作成する] というメッセージを開きます。
4.[ダウンロード] をクリックすると、ads.txt ファイルが自動でダウンロードされます。
5.(任意)使用している広告ネットワークが他にもある場合は、ads.txt ファイルに追加してください。ads.txt に記載する内容については、ご利用の広告ネットワークにお問い合わせください。
6.ads.txt ファイルをサイトのルート ディレクトリにアップロードします。サイトのルート ディレクトリとは、トップレベル ドメイン直下のディレクトリ(フォルダ)を指します(配置例: example.com/ads.txt)。

cPanelにログインする

次はcPanelにログインします。cPanelは、サーバに詳しくない方でも比較的簡単にサーバの設定を変えたりできるレンタルサーバ用のコントロールパネルです。

レンタルサーバの登録をした際に、【mixhost】 レンタルサーバーアカウント設定完了のお知らせ」みたいな表題でメールが届いていると思います。

そのなかにcPanelのリンクや、自分のログイン情報が記載されているはずです。

そのログイン情報をもとにログインしましょう!

ファイルマネージャーを開く

cPanelへのログインが完了したら、ホーム画面の中段くらいに「ファイルマネージャー」のアイコンがあると思います。

ads-text3

「ファイルマネージャー」をクリックしましょう。すると以下のような画面に遷移します。

ads-text4

矢印のpublic_htmlが本サイトのルートディレクトリにあたりますので、public_htmlをクリックします。

本当にルートディレクトリがpublic_htmlの確証が欲しい場合は、【mixhost】 レンタルサーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールの中に「Webサイトフォルダ: 」という項目があるかと思いますので、そこに記載のフォルダがルートディレクトリになります。

僕の場合は、「Webサイトフォルダ: /public_html」となっていたので、やはりルートディレクトリはpublic_htmlですね。

ルートディレクトリ配下にads.txtをアップロードする

さて、ルートディレクトリがわかったところで、ダウンロードした「ads.txt」をアップロードしていきましょう。

ads-text5

ファイルマネージャーのヘッダに「アップロード」ボタンがありますので、そこをクリックしましょう。

すると以下のような画面が出ますので、「ファイルの選択」をクリックして、先にダウンロードしていた「ads.txt」を選択してアップロードしましょう。

ads-text6

ちゃんと、public_htmlフォルダ配下に「ads.txt」が配置されていれば、作業完了です!

ads-text7

警告が消えるまでの時間は?

だいたい2日〜長くて1週間くらいかかるそうなので、気長に待ちましょう!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事